ガス代を滞納しないためにも、日々、節約を意識したいですね

MENU

都市ガスとプロパンガス

ガスには、都市ガスとプロパンガス(LP)とに分けられます。それぞれにかかるコストが異なりますし、利用料によってもその単価が変わるものとなります。土地によってどちらを使うかが微妙に決められているので、都市ガスとプロパンガスの違いや特徴を知っておく事で、引っ越し先などの選択に役立ちます。

 

まず、都市ガスとプロパンガスの大きな違いは、その供給方法です。都市ガスでは道路の下にガスが通る管があり、そこからガスメーターを経て各家庭に供給されるものとなっています。プロパンガスは、LPガスが詰まったプロパンガスボンベを業者が自宅まで配送し、それを付け替えて使うといった方法となります。

 

都市ガスを利用するには、自宅近くに都市ガスの管が通っていることが必要で、さらに自宅まで配管が設置されていなければ意味がないものとなっています。もしも配管がない場合は、自宅までのばす工事をおこなう必要があります。都市ガスはこのように条件付での限られた使用となるのですが、プロパンガスはそれよりも自由。全国に数万社という会社が存在しますので、場合によっては制約を受けることはるものの、基本的には好きな会社を選んで設置することができるといえるでしょう。

 

また、都市ガスとプロパンガスはガスの性質がまったく異なります。どちらも燃焼させることでより大きなエネルギーを得られるといった事は同じですが、その重さが違います。都市ガスは空気よりも軽く、プロパンガスは空気よりも重いです。そのため、ガス警報機の取り付け箇所も自然と異なるものとなります。

 

もちろん、ガスをつかえるようにするための機器も両者では別物。一部の部品を取り替えることでつかるようになるタイプもありますが、基本的にはそれぞれの専用の機器でしかガスを利用することはできないようになっているのです。ガスは使い方を誤ると重大事故に結びつくこともあるので、くれぐれも利用方法は必ず守るようにしましょう。


都市ガスとプロパンガスの料金の違い

都市ガスとプロパンガスは、同じガスでもその設置方法やガスの性質など…さまざまな点で異なるものとなっています。同じエネルギー源でも、その中身はまったく違うのです。では、その使用料金はどうなのでしょうか?都市ガスとプロパンガス…はたしてどちらが高いのでしょう?

 

使用料などの違いもあるので一概にいうことはできませんが、一般的にはプロパンガスが高く都市ガスは安いといわれています。なぜプロパンガスの方が高いのかというと、圧倒的にプロパンガスの方が人の手を必要とする作業が多いからです。プロパンガスは定期的に取替えてガスが切れないようにしなければいけません。現地まで運んで設置する…その手間隙がかかるのです。都市ガスは地中に埋まっており、管を通して供給しているので、そうした手間隙はかかりません。

 

しかも、都市ガスではその利用料金が届出・認可制となっているので、そう簡単に価格の変更をすることができません。逆に、プロパンガスは販売業者が自由に価格を設定できるので、地域によっては価格がまったく違ってくる事も起こっています。場所やどの業者を選ぶかによっても違いますが、都市ガスの1.5倍〜2倍ほどの利用料金がかかるといわれています。


ガスの節約記事一覧

一般家庭の中で使うエ...

太陽光パネルによる自...