オール電化に対抗するべく生まれたエネファームとはどんなものなのでしょうか?

MENU

エネファームとは?

太陽光パネルによる自家発電など、オール電化でガスが必要とならない生活が送れるようになりました。これの普及が進むにつれて、ガスを使わない人が増えてきています。これは、ガス会社としては困った事態です。そこで、オール電化に対抗できる「エネファーム」というのを開発。エネファームは家庭用燃料電池のことで、都市ガスなどに含まれている水素を原料にして水を電位分解。その逆のしくみを利用して電気を発生させ、同時にお湯も作るといったシステムを作ったのです。

 

水を電気分解すると、水素と酸素とに分離されます。これは理科の実験などでもおなじみで、覚えている人もいるのではないでしょうか。エネファームは、これとは逆のことをおこない、電気を作り出しています。つまり、水素と酸素を結合させることで「水」と「電気」を作り出しているのです。

 

都市ガスやプロパンガスには水素が含まれているので、これらからガスを抽出。水素と空気中に存在している酸素を結合させるといった科学反応から、電気を生成。つまり、エネファームは自宅で電気を作る機械であり、まさに太陽光パネルと同じような機械なのです。しかも、発電したときに熱が発生するので、それを利用してお湯を作るといったところも、効率的なシステムであるといえるでしょう。


エネファームのメリット&デメリット

エネファームの活用には、メリットとくデメリットをよく理解しておかなくてはいけません。

 

エネファームのメリットが、いわずと知れた光熱費の削減。水素と酸素を結合させる事で発電し、その際に応じた熱でお湯を作ることができます。クリーンな電力と無駄のない給湯を可能としているのです。

 

つまり、一台で発電と給湯をこなすだけでなく、それはとても環境に優しいものであるということ。給湯の際には二酸化炭素がまったく出ませんし、発電の際にも二酸化炭素を排出することはないので、オール電化よりもクリーンな発電方法といえるのです。しかも、電気代の削減になります。ガス会社によっては、エネファームを導入する事で割引プランを用意しているところもあるので、よりお得に月々の電気代を抑えることが可能となるでしょう。

 

では、逆にデメリットとしてはどんなことが挙げられるでしょうか?エネファームがまだ新しい技術であるために、課題ともいえる問題が残っていること。最大の課題は、その価格です。給湯と発電をかねているとはいえ、オール電化のエコキュートと比較してもはるかに高額。標準的な設置コストとしては300万円ほどで、補助金制度を活用すると半額程度を国が負担してくれます。ですが、これの倍以上もかかる事もあり、補助があるとはいえ高いことには変わりないのです。

 

さらに、エネファームは停電などの災害時には使うことができません。そもそもエネファームは、その駆動に電気を用いているので、災害で電気の供給がストップしてしまうと動く事ができず…結果的に発電する事ができないのです。

 

エネファームには良いところもあるのですが、まだ問題点も多く残っているので、今後の発展が注目されるところ。問題点も改善されていけば、エネファームの普及率も上がるものと思われます。


関連ページ

ガス節約術
ガス代を無駄に高くしないためにも、節約を意識する事が大事。 節約で快適生活をおくることができれば、滞納といった事態も免れるかも!?